コンビニ決済・Pay-easyは先払いです。到着後のお支払いではありませんのでご注意ください。
コンビニ決済・Pay-easyは先払いです。到着後のお支払いではありませんのでご注意ください。

かず・計算

ドーナツ屋さんでお金のおけいこ
ドーナツ屋さんでお金のおけいこ
キッチンでのおままごと遊びとして、少し大きくなったらお金のドリル、問題集もいいですが、遊びの中で楽しく学べる教材として長くお使いいただけます。 お買い物ごっこの 〜円です。 はいどうぞ♪ のやりとりでお金のおけいこをします。 一枚だけお金を渡したり、がばっとたくさん渡すのも楽しいのですが、お金に興味が出てきたら正確に支払う方法も教えてあげましょう。 楽しくお金の構成を学んだり数字だけでなく数量としてとらえます。 絵に合わせてお金を置いたり、数を数えたりすることで簡単にやりとりができる目で見て学べる視覚化教材です。 【商品内容】 2.3.5.6はラミネート済  1.ドーナツ 12種 2.商品カード 12枚 名刺サイズ ラミネート 3.メニュー表 A5 4.紙袋 5.いくらかな (両面印刷)A4 6.りょうがえひょう A4 1.2.3.4のみのドーナツ屋さんセットも別途出品しています。 箱には入っていません。 参考にドーナツ屋さんセットを梱包した写真を載せました。 【オプション1】 お金セット 1セット300円 2セット500円 【オプション2】 1円5円対応シート 300円 この教材では使用しません。発展教材としてご使用ください。 ★使用方法(硬貨は本物もしくは玩具をご用意ください) はじめに 商品カードと同じドーナツを選ぼう →色、形を見分けてマッチング 1.注文を聞いて商品カードを準備し、ドーナツを選ぼう →集中力、ワーキングメモリーの強化、ひらがなに慣れる 2.お金の支払い →金額とお金を一致させる。商品カードの裏側のお金の絵に硬貨をのせるほか、合計では100円が~枚、10円が~枚です。とやりとりする。 3.いくらかかぞえる →「いくらかな」「りょうがえひょう」を使って同じ種類の硬貨ごとに数えて金額を言えるようにする 500円玉、50円玉との換金ができるようにする ★ドーナツは木製やスクイーズではなく硬い素材です。 サイズ約4cm 少し色むら、はげなどある場合があります。
¥2,280
おつかいでお金のおけいこ 知育玩具 知育教材 お金 教材 療育 特別支援教育
おつかいでお金のおけいこ 知育玩具 知育教材 お金 教材 療育 特別支援教育
楽しくお買い物ごっこをしながらお金のおけいこをしませんか? 【お金を使わない場合】 カードを使ったお買い物ごっことしても使えます。 野菜コーナーやお菓子のコーナーに分類してお店を作ったり、お母さん役になっておつかいをお願いしたり、買い物リストをカードで渡してもらってお使いにでかけたり。 慣れたら少し離れたところにお店を作って買い物にでかけましょう。 【お金も併用して】 お金を識別するところからはじめて、財布カードにあるお金を使って買えるものだけを買うところまでできることを目指します。 2桁、3桁の数字のしくみ、両替、合計による筆算の概念などを視覚的に学びます。 【商品内容】 ラミネート加工済みA4用紙6枚 ハサミやカッターで切り取ってご使用ください。 商品カードは同じものが2枚あります。 切り取り後サイズ 48×66mm (使用説明書はありません。こちらの商品画面を参考にしてください) プリント学習とは違って手を動かしながら学ぶ具体物教材です。 #ドーナツ屋さんでお金のおけいこ ドーナツ屋さんセット も出品中です。 #jng幼児教育_療育 知育玩具 知育教材 早期教育 療育 特別支援教育 発達障害 自閉症スペクトラム ダウン症 保育 小1 小2 算数 問題集
¥1,080
かずあそびカード★汽車にのせよう
かずあそびカード★汽車にのせよう
何度も数えながら並べることで「いち」数詞、「1こ」量、「1」数字を結びつけていきます。 そして具体物(ここでは動物)をいろいろな表示方法に変換していくことができるようにします。こうした認識がのちのちのたし算、ひき算への理解につながります。 ステップ1 飛ばし読みをしないで数えられるようにしよう。数字だけ、ひらがなが読める子は読み方だけのように1種類のカードを1から10まで順に並べてみよう。 ステップ2 いろいろな規則で並べてみよう 小さい順、大きい順等を同じ種類のカードどうしで並び替えられるようにしよう 「3と5はどちらが大きい?」の問いを量を見て答えることもできるようになります ステップ3 ランダムに並べたカードでも対応する別の種類のカードを選べるようにしよう。 カードは下に並べるだけでなく、上にのせていってもいいと思います。 サイコロや指の表示は数えなくても形を見ていくつか言えるようになるといいですね。 ★商品内容 ラミネート済みA4用紙 6枚 ・1-5カード ・6-10カード ・汽車台紙 4枚 カードの切り取りは購入者様にお願いしています。 切り口は強い摩擦や水の侵入に弱いのでお取使いにご注意ください 汽車は切り取らずそのままでお使いいただけます。 ★サイズ 汽車台紙 A4 かード切り取り後 約3.7cmX3.7cm  お子さんに使い勝手がいいと思います。 カードの裏にマグネットシール(カットしたものが100均でも購入可能です)を貼って ホワイトボード上で使用するとさらに使いやすくなります。
¥1,100
数量パズル
数量パズル
チップがラミネート加工から厚紙仕様に変更になりました。 写真6、7枚目をご確認ください。 算数が苦手にならないように早い時期から数詞の「いち」と数字の「1」と量の「1」を結びつけて考えるようにしたいですね。 数字ばかりおっていくと、はじめは指を使って数を数えてもなんとかなりますが、小学1年生の二学期から始まる繰り上がりのあるたし算や繰り下がりのあるひき算で苦労します。 ▪️マス目を使って量の感覚をつかみましょう。 4はどんな数字? 1が4個 1が2個と2が1個 1が1個と3が1個 2が2個 こうした考え方に慣れると 4は3と何に分かれる? 4を2減らすと何? 3より1大きい数字は? 4と3のちがいは? といった文章題にも対応しやすくなります。 2と4どちらが大きいかも一目でわかります。 後々かけ算、割り算、分数への理解も早いです。 ▪️5のかたまり、10のかたまりの概念は今後大事です。 カラーパーツは10になるペアで色分けしたので10の組み合わせも覚えてしまいましょう。 白パーツの7のパーツは上下逆にしても7です。 数字は上下逆にすると意味をなしませんが、量はどんな向きになってもかわりません。 3と7の順でも7と3の順で向きを変えても7+3と3+7は同じ 10になることを感じ取ってください。 ▪️その他の使い方として 3と5はどちらが大きいか、一目でわかります。 どちらがいくつ多いかも目で確認できます。 繰り上げ計算のための数の分解、かけ算の理解、倍数の文章題の視覚化など長く使用できます。 ★商品内容 ・枠シート 3枚 どんなかずでらできているかな①② いくつといくつにわけられるかな ・白パーツ 1枚 あわせて10をつくろう ・カラーパーツ 3枚 ここまでラミネート加工 例題プリント ラミネートなし1枚 パーツの1マスのサイズ2.4×2.4cm パーツはできるだけ大きめに、多めに準備しました。 ▪️ご注意 パーツの切り取りはお願いいたします。 切り取り後のパーツは水に弱いのでお取り扱いにお気をつけください 裏に部分的にマグネットや厚紙などを貼って机から少し浮かせるとパーツは扱いやすくなります。 マスに数字が書いてあることで、数を数えてパーツを選ぶ必要がなく、作業の負荷を減らしています
¥900
絵柄チップセット★小学校受験にも
絵柄チップセット★小学校受験にも
右進行と左進行の車や指差しのチップ、動物のチップやお皿シートを追加してリニューアルしました。 3種のシートと80個のチップを使って、規則性を見つける系列問題、位置の把握などの空間認知問題、かずのやりとりをはじめいろいろな問題に使えるのでとても便利です。 使用例 ★横長シート 1.上の列と同じように並べてみよう 2.並び方の規則性に気付いて次は何か推測しよう 3.動物たちにドーナツやりんごを一つずつあげよう 4.上の列と下の列どっちが多いかな ★四角ます 5.左から2番目、上から3番目にりんごをおいてね 6.左の見本と同じように並べてみよう 7.隣どうし同じ色にならない並び方を考えよう 8.ますをチップでうめた状態で同じ絵柄探しやビンゴ 9.2つのますをチップでうめた状態で間違いさがし ★お皿シート かずのやりとり 10.どっちが多い 11.6個のリンゴを半分にわけよう 2個と何個にわかれる 12.〜個移すとどっちが何個多い 13.3個と4個を合わせると何個 そのほか小学校受験の置き換え、交換、シーソーの問題を考えるときにも実際に動かしながら考えるとわかりやすいと思います。 ★内容 全てA4 台紙シート3種 各1枚 ラミネート加工 絵柄シート(切り取りはお願い致します)1枚 絵柄シートも以前はラミネート加工でしたが、薄くて扱いづらいこと、角が尖って危ないため厚紙仕様に変更しました。 絵柄チップカット後サイズ 2.4X2.4cm  アクセサリーケースなどに仕分けて保管すると扱いやすいです。
¥800
かけ算マスター
かけ算マスター
かけ算の九九をただ覚えるだけではなく視覚化して理解しやすいようにしました。4つのステップに分けましたのでスモールステップで自信をつけながらすすめられるといいですね(^^) ★ステップ1 5×9までをしろう(5の段まで) かけ算の意味を■を使って視覚化し量として捉えれるようにしました。 1あたりのかず(~の段)をたてに、いくつ分(かける数)を横にとって全体の数を面積で示しました。 ★ステップ2  9×9までをしろう(5~9の段) 5のかたまりを意識できるよう5と6の間に黒線を入れました。 7の段あたりになると難易度があがるように感じますが7X4も4×7も同じであることを理解できていると覚えが早いと思います。 横長か縦長かの違いはあるものの面積は同じ(■の数は同じ)であることを目で見て受け入れやすくしています ★ステップ3 こえにだしてなんどもいってみよう 九九をふりがな付きの表にしました。 何度も声に出して覚えましょう ★ステップ4 答えがないので覚えたか確認できます。 答えを書くスペースもあるので水性ペンやホワイトボードのペンなどでどんどん書きこみましょう *九九の覚え方ではありませんが、量の感覚で理解し、かつ、5のかたまりや10のかたまりも意識できるようになると3×7は3×5と3×2を合わせたものと同じ、または3×10から3×3を減らしたものと同じという考え方も受け入れやすくなると思います(ステップ1に記載) ★内容★ A4 サイズ 4枚 ラミネート加工
¥800 SOLD OUT
わり算マスター
わり算マスター
九九までの数字で割り切れる数字を使用し割り算を視覚化して理解しやすいようにしました。4つのステップに分けましたのでスモールステップで自信をつけながらすすめられるといいですね(^^) ★ステップ1 ちいさいかずでわりざんになれよう わり算の意味を■とlを使って視覚化して理解します。 全体の数を■の面積(数)で、1あたりのかずをたてに、いくつ分(わる数)を横にとって示しました。 12を例に■の数は同じでも並び方の違いで割り算の意味を示しています。 また12÷3=を考えるときには 12=3×□ のように割り算は九九を利用すればいいことも理解できると思います。 ★くらべてみよう(ステップ1の右下図)では  24は12の2倍→24÷6の答えも12÷6の2倍 36は12の3倍→36÷6の答えも12÷6の3倍 であることを確認できます 例えば1箱12枚入りのクッキー2箱を6人で分けると一人何枚?  という質問で 12×2=24 24÷6=4 のほかに 12÷6=2   2×2=4   であることを理解しやすくしています。 ★ステップ2  おおきいかずのわりざんもかんがえてみよう 数を数えやすいように1あたりのかずの5と6の間に黒線を入れました。 ステップ1とステップ2を見比べて12や18、24などよく出てくる数字に着目してみるのもいいですね。 ★ステップ3 こえにだしてなんどもいってみよう 何度も声に出してすぐに言えるようにしよう ★ステップ4 こたえをみないでいえるかな 答えがないので確認作業に使えます 答えを書くスペースもあるので水性ペンやホワイトボードのペンなどで書きこんでもいいですよ ★内容★ A4 サイズ 4枚 ラミネート加工
¥800
こども工作 / 幼児、小学生用工作キット 教材販売 ~親子で入学お受験準備~